天然石アクセサリー&ハンドメイド雑貨のお店〜*〜komorebi屋(こもれびや)〜*〜






◆ 茉*莉*花 コラボ作品 ◆

このページは虹色の花さんの制作秘話を
じっくり読んでいただくためにご用意しました(*^^*)






Pendant Top【 Archangel Michael 】





─ Archangel Michael ─ (文章:虹色の花)


大天使ミカエル!!!


説明、以上!!!
説明、不要!

にしたいくらい。笑

お馴染みもお馴染み。
私のブログ見てくださってる方は、定期的にミカエルの作品を作っているんで。
もう、ご存知でしょう〜?笑ってくらいに。

バリバリ、ミカエル!!!って感じの作品になりました。

流石に、それだとあんまりなので補足説明しますと。


大天使ミカエル。

といっても、色んなイメージがありますけどね。

今回はmariさんが磨かれた石を使ったコラボ、という事も関係したのか。

この作品のミカエルは、mariさんが描かれたミカエルの絵のイメージにかなり近いものになりました。 (意図してたわけじゃなくて結果的にそうなりました)



(古い絵なのでお恥ずかしい^^; mari)


私は、ずっとあの絵を待ち受けにさせてもらってた、てのもあって、結果的にはファンアートとか、リスペクト的な作品にはなるんですけども。笑
後からよく見たら、mariさんのミカエルがつけてる紫のひし形のイヤリング(ピアス?)とか、メインのスギライトの形そっくりになってんじゃん!?とか思ったし。
盛り込んだ石のセレクトも、配色や、色合いがかなり近くなるように。ってのは意識しました。

ただ、あの絵とは全然違う形だし、
最初、出来上がって名前をつけるときは、ミカエルの羽とかにしようかな?とも思ったんですね。

だけど、いやいや、これは形こそ羽になっているのだけど。

どう考えても、
大天使ミカエルを象徴、強調してるんだよなー。

て、思ったんです。

ミカエルの、羽などの一部を表してるんじゃなく。
もう全部ひっくるめてるやろー!みたいな。

全部をぎゅっとぎゅっと凝縮しての、羽の形やろ!
みたいな。w

それくらい、ミカエル色がめちゃくちゃ濃厚。笑
濃縮してるみたいな作品になりました。



らくまくワイヤーのゴールドカラー角線を使って、カッチリと描いた羽。
クロス作品でもお馴染みになったバチカンパーツ(サージカルステンレスのゴールドメッキ)を使うことで、ワイヤーの厚みもなくなり、かなりすっきりと仕上がっています。

その羽の間には、もう、これでもかっっっ!!!

と、ばかりに宝石カットの高品質な石を、
散りばめられる限り、散りばめて挟み込んでおります。

私、個人的には、青(水色)と黄色がミカエルカラーのイメージってこともあり。
mariさんのミカエル絵もわりかし、黄色と青色が特徴だったので、それを表せるような石をセレクトしてるんだけれど。

しかし、中央のスギライトは濃い紫色で、マットな質感ですのでねー。
この色合いでの、組み合わせのバランスって、結構難しいんですよ。

メインに据えた紫色と、周りの羽に盛り込んだ青と黄色の石達がちゃーんと一体化して、綺麗に見えるような配色にこだわって盛り込んでみました。



中央の紫のスギライトから、輝く光と、ぶわっと包み込んでくれる翼と。
大天使ミカエルの強さや勇気を示してくれるエネルギー。

そんなイメージで、

インペリアルトパーズの力強いオレンジから、レモンクォーツの淡い黄色と、ホワイトラブラドラトの純白の羽へと。輝きが変わってくようなグラデーションと。

ラピスラズリや、カイヤナイトの濃い青色のアクセント。
それらを優しく調和させるような、淡い水色のスカイブルートパーズ。
細部まで、しっかりと羽のモフモフ感が出るように、ホワイトトパーズやアクアマリン(透明色)を使って細かく石を盛りこんでいきました。

強い所はしっかり、強く。
優しい所は、どこまでも優しく。

広く、遠く。強く、優しく。

色んなミカエルのイメージ、側面はあれど。
見ているだけで、とにかく頼もしくて。
光り輝く剣を持つ姿に、惚れ惚れして。

私も、次第に勇気が湧いてくる。
前向きな気持ちに変わってく。

そんな大天使ミカエルの姿が、浮かんでくるようでした。




自分の中ではイベント用の作品としては、なるべくお手頃価格にしたいな。
っていうコンセプトもあって、5作品を作らせてもらいましたが。

しかし、やはり1つは、

しっかりと時間かけて作りこんだ実物を、お客様に見てもらいたい。

という気持ちもありまして。

こちらは、ほんとにガッッツリ時間をかけて、石も手持ちの中でもかなり高品質、宝石質のものをセレクトし、アクセサリーとしての高級感もだしてみました。

羽の間に盛り込んだ石とかは、もうぜひ!イベントで直接見てもらいたい、触ってみて欲しいポイントなんですが。笑

作品のイメージとしても、とにもかくにも

がっつり守ってくれそうなミカエルだよなー。

と思いました。

スパルタや、厳しい面での指導もあるかもしんないけど。w
でも必要な時には、ちゃーんと優しく包み込んでくれたり。
知らず知らずに、ガッチリと守ってくれてたり。

mariさんが絵に描かれてるミカエルのように。
ひたすら頼もしくてカッコいい!!!



形としてはペンダント。なんですが。
まるで、ミカエルがいつも側にいてくれてる証のような、
お守りのような、アイテムになりました。


▼虹色の花さんのブログはこちら▼
イベントコラボ作品☆スギライト☆【Archangel Michael】Pendant Top









Pendant Top【 Partnership 】





─ Partnership ─ (文章:虹色の花)


中央のラブラドライトのハートは、ひとつなんだけど。
まるで、二つの力が働いているような、ワイヤーの流れ。

らくまくワイヤーのゴールドカラーを使って、
石は盛り込まずに、シンプルに仕上げてます。

が、シンプルに。といいつつも。とにかく

ラブラドライトのハート形が、隠れないように。

という部分をかなり気をつけながら巻いてました。



柔らかく包み込むような、ふんわりとしたワイヤーの流れと。

上下で方向が違う
二つのエネルギー。

太極図のようなイメージもあるけど。
そこまで完璧な陰陽の形!という訳でもなくて。

これから創り上げていく
伸びしろがあるようなイメージ。


ぐっと相手を抱きしめる。

ぎゅっと、相手に身を委ねる。

お互い、信じているからこそ。
心から、溢れてくるような
二つの力。


パートナーシップ

という言葉が、自然に浮かんでくるような作品になりました。


もともと、制作前から

mariさんからは、愛がテーマで磨いていたというお話も聞いてた影響なのかな?と思うんだけど。


淡いピンク色が多めの、虹色のラブラドレッセンスは、角度を変える度に、くるくると違う表情を見せてくれて。
これが、なんだか魔法のコンパクトを持ってるような、スペシャルな気分にさせてくれます。

ペンダントを身につけている自分と。
対面している、貴方。

お互いが鏡のように反射して。
世界が拡大してくみたいに。影響し合う。

この作品を、パートナーシップという名称にしたのは。
愛てのは、必ずしも恋人や夫婦と名のつく恋愛関係だけじゃないよな。

と思ったからでした。

夫婦、恋人、親友、相棒、相方。
などなど。
呼び方は色々あるし。

男女とも限らず、同性でもあると思うし。
年齢や、立場や、様々な垣根を超えて。
協力し合える関係。対等な存在。

お互い、めっちゃ好き!な相手。
なくてはならない人。


この作品のテーマ的には、お互い信頼し、協力し合う事で、何かに取り組んでいたり。
自分と相手の世界が徐々に、拡大してくようなイメージがありました。


例えば、身近な小さな事でいえば。

自分では、今まで全く興味を持てなかったものも。相手がやっている、てだけで。
すごく楽しく感じたり、興味が出てきてハマっちゃったり。w

その真逆で、自分がめっちゃ楽しくやってるってだけで、
それが相手にも、気づかないうちにめっちゃ影響を与えていたり。


自分が、相手に与える影響。
相手が、自分に与える影響。


それはお互いの距離感が近くなればなるほど。
どんどん、大きくなると思うんです。


お互いが、
魔法のコンパクトみたいに。

素敵なところ。いいところ。
楽しいところを、反射して拡大してる。

でも、もちろん、良い事ばっかりじゃなくて。
真逆な部分もあって。笑
嫌なところとか、めんどくさいところとか、
そういうのも反射しちゃう時もあるかもしんないけど。(^^;

多かれ少なかれ、それらを全部含めても。

トータルで、
お互い一緒にいたら、むちゃくちゃ楽しい。
幸せ。((*´∀`*))

て思えるからこそ、側にいられるんだし。

完璧じゃなくったって。
お互いが、そこから良い感じに関係を作り上げていける。
狭かった世界すら、広がりをみせていく。

てのも醍醐味なのかなとも思うんですよね。

相手を受け入れたり。
受け入れてもらったり。
委ねたり。委ねられたり。
頼ったり、頼られたり。

どちらかが一方的になるんじゃなくて。
お互い、その役割を交代しながら。
お互いの気持ちを、少しずつ理解してくみたいに。


それだけ、私の心に近い距離に現れてくれた君を。
私は、どこまで大切にできるんだろう。

私は、私自身を、どこまで、
大切にできてるんだろ。


自分との距離感が近い相手であれば、あるほど。
そういう根本的な部分が、課題としては
如実に現れてきそうな感じだけども。笑

本当に安心できる、信頼できる人が
近くにいてくれてる。
てのは、もうそれだけで自分にとっても大きな力だし。
同時に
相手に与えることができてる力でもあるんですよね。


Partnership

ひとりでは、成しえないから


だから一緒に。君と一緒に。
新しい世界を、創っていこうよ。


▼虹色の花さんのブログはこちら▼
イベントコラボ作品☆ラブラドライト☆【Partnership】Pendant Top









Pendant Top【 Snow Rabbit 】





─ Snow Rabbit ─ (文章:虹色の花)


空から雪が降ってくる景色や瞬間を切り取ったみたいな、ホワイトジェイドの丸玉。

縦一列に、ホワイトトパーズ、ネオンブルーアパタイト、アクアマリン、ホワイトムーンストーン。
と、順番に並べられた石達は、降り積もる雪が徐々に凍って層になっているようにも見えました。

ずぼ!っと足を取られるくらいに、深く積もった雪景色。
そんな光景が、オパールを通して浮かんでくるようでした。

盛り込んだ石は、ネオンブルーアパタイトが鮮やかな青色で、ちょっとした色彩のアクセントになってますが。
それ以外の石達は、白や透明な淡い色の石が多くて。

盛ってる石の数も、普段の私の作品と比べたら、わりと最小限で少なめです。

だけど。
ワイヤーだけで巻いた土台の時よりも、これらの石を盛り込んだ事で、より世界やテーマがくっきりと浮かび上がってくように私には思えました。


真っ白な雪原。
今まさに、
雪が降り積もってく世界の中で。

あなたの足元に転がってる
小さな雪玉。

雪合戦や、雪だるまを沢山作って
子供のように夢中で遊んで。

そんな最中に

ふと、何度も引き寄せられるかのように見つける。
不思議な“うさぎ”のシルエット。




それは不思議の国のアリスで、うさぎを追いかけて違う世界へと迷い込むみたいに。
この作品の”うさぎ”も、貴方を導く為に現れたような。ちょっと特殊な存在です。


ワイヤーで描かれたこのうさぎのシルエットは、耳が羽みたいになっていて、なんだか妖精のような雰囲気。w

これ、ゼル〇の伝説botwに、ルミーという、うさぎっぽい姿の妖精が出てくるんですけどね。
弓矢で打つと、ぱっと消えちゃうんだけど代わりにルピー(お金)を落としていくんです。

個人的には、このイメージがとても近くて。

この作品の”うさぎ”というモチーフは、

見つけると良いことがある。とか、幸運をもたらす的な、ラッキーラビット的な、妖精なんじゃないかな?とか思いました。

真っ白な雪原の中で、
真っ白なうさぎ(しかも妖精?)を見つける。

それだけでも、難易度高め。笑
遭遇できたらめちゃくちゃラッキー!!笑

そういう、ラッキー!の類の象徴。
それがうさぎの形として現れてるのなら。

見つけるだけじゃなく、その足跡を追いかけていけば、
何かしら別の素敵な世界が開けていけそうですし。

なんだか、見てるだけで心がほっこりする。
柔らかくなるような作品だよなぁと思ったんだよね。

足元の雪玉で、雪合戦してたり。
雪だるまを作って、夢中で遊んでる時には気づかないんだけど。

ふいに、そのシルエットに気がついたり。
引き寄せられるみたいに、その存在に気が付いて。
ハッとする。みたいに。

四つ葉のクローバーを見つけて、
ラッキー!て感じるみたいに。

すごくささやかに。
控えめに現れる。

あなただけの幸運のサイン。


この”うさぎ”は、本物のうさぎかもしれないし。
いつかの日に、自分が雪で作りあげたものかもしれないし。
パワーアニマルとか、そういう解釈もアリかもしんないし。
ジョジョに出てくるスタンド的な存在かもしんないし。(笑)

解釈としては、まあ色々あるんですけども。
貴方だけにわかる”サイン”としての意味あいだったり。
単純にうさぎ好き!って方にもいいんじゃないでしょうかww

雪っていうモチーフは、どうしても冷たいイメージだけど。

この作品の”雪うさぎ”は、なーんか。

抱きしめたら、ふわふわ、もこもこ、してそうじゃない?www



見つける度に、
貴方の心も、ほっこりするみたいに。

ぎゅっと、抱きしめて
幸せな気持ちになれるもの。
大切だな。て思える何か。

見えにくいけど。

あなたに、いつも。
小さなラッキー!を知らせてくれてる。

ありふれた日常の中で。

貴方だけの
小さな幸運の、雪うさぎ。

Snow Rabbit



▼虹色の花さんのブログはこちら▼
イベントコラボ作品☆オパール☆【Snow Rabbit】Pendant Top









Pendant Top【 Dragon Knight 】





─ Dragon Knight ─ (文章:虹色の花)


一応、意味合いとしてわかりやすく。
竜騎士を英語表記にした名前をつけていますが。

もしかしたら、Dragon night(調べたらセカ〇ワの曲のタイトルにあるのね)とか。

ラブラドライトて、私個人的には、
宇宙っぽかったり、星空っぽいイメージが重なりやすいからなのか。
ドラゴンと過ごす夜、みたいな意味合いもあったりするのかもしれません。


アーティスティックワイヤーのガンメタ色が、
今回とっても独特な形にまとまっていて。

左サイドは、ぎゅぎゅぎゅ!っと強いエネルギーを束ねて絞り込みました!
って感じで、クルクルとワイヤーを巻き付けているのに。

右サイドは、その束ねたエネルギーを柔らかくほどいてくみたいに
とても流動的で。
髪の毛のような曲線が柔らかく重なり合うようなラインと
龍の翼を思わせる装飾。

全体的に見ると。騎士の兜を被ってるようにもみえて。
ちょっとミステリアスな雰囲気が出ています。

あえて、石を盛り込まずに。
ワイヤーだけで、仕上げていますので。

一応、裏側も、ラブラドレッセンスが見えるように、裏返しで身につけても大丈夫。


貴方を守る竜騎士の面影。

欠けてしまったラブラドライトを磨いて出来上がった、というエピソード。

そして、ドラゴンの鉤爪のようなイメージ。


微かな痕跡を残していても。
それすら、
煙のように、簡単に消えてしまいそうで……

残り香のようなものを。
なんとか、形にしたような作品だなと思いました。


ほんのかすかに。
貴方にだけ、わかるように残した証と、痕跡。

同じイベントコラボ作品でも、
Archangel Michaelを制作した際は、
形としては羽というモチーフだったけれど。
そのイメージは、
ミカエルそのもの、象徴的な要素がギュギュと濃縮してるような、
強い、濃い感じだったんですけど。


このドラゴンさんは、普段はなかなか
その存在を表してもくれない。って感じで。

この作品の中ですら、エネルギーの欠片。爪の先くらいの一部。
それにすら満たないくらいに薄く。淡く。
ギリギリの形を保ってる。

そういう濃淡でいえば、
ミカエルと真逆になるのですが。

薄いから弱いのか。
といえば、それは違うんじゃないかと思います。

その性質としては、どちらも、お守り。
守護の意味合いは、同じなのかなって思いました。


貴方に、自分の存在を悟らせないくらいに。
なるべく、バレないように。

めっちゃ気をつけられながら。笑
がっつり守られてる。

この作品のドラゴンて、そもそもが陰ながらサポートしてる。って感じで。
存在をガンガンアピールしてくるタイプじゃないんだけど。

おっちょこちょいだったのか。
なんの気まぐれだったのか。

それとも貴方を、今このタイミングで
勇気付けたかったのか。伝えたい事があったのか。

詳しくはわかりませんけど。

今この瞬間、これは
きっと貴方のために。

この欠片と。
ドラゴンとの夜空にまつわる思い出を
落としていったんだなーと思いました。


小さなラブラドライトの欠片は、
まるで、竜騎士のアイテム。


ラブラドライトのレッセンス(シラー)も、表はわりと白っぽくて。
ほんとに、爪っぽいな。という風に感じたので、ぜひこの辺は
イベントで直接見て欲しいポイント。

そして、裏側にも淡いピンクや青色ぽい色合いが出ているので、
同じ石なのに全然表情が違って面白いと思います。

表の面で感じる、真っ直ぐな強さ。ストイックな鋭さも。
裏側にすると、なんだか柔らかく、あたたかくて。

いつでも、貴方を守っていて。
大丈夫だ。

って、そう伝えてくれてる気がします。

そしてきっと、貴方だからこそ。
その両方の面を見せる事ができるんでしょうね。



▼虹色の花さんのブログはこちら▼
イベントコラボ作品☆ラブラドライト☆【Dragon Knight】Pendant Top









Pendant Top【 Guardian of galaxy 】





─ Guardian of galaxy ─ (文章:虹色の花)

丁度、この作品を作った前日。
ア〇ンジャーズのエンドゲームを観たばかりだったんです。。。笑

マーベルのアメコミ映画については、色んなシリーズ出てて、それらが全て同じ世界観で、繋がっている!ってすごいコンセプトの映画なんだなー。
と旦那の影響で、ちょくちょく観てたんです。

その集大成であるエンドゲーム。
よりにもよって、スペクトロライト巻く、前日に観て。


全くファンじゃない私すら、めちゃくちゃ衝撃を受けたんだよ!!!
(もう衝撃を通り越して、すげーショックと感動が入り混じったよ!トニー!!(;д;))


その影響をバリバリ受けちゃって←

制作の途中から、

ア〇ンジャーズに出てくる世界観とか。
サノス軍とか、ネビュラとか。
スペースストーンとか、四次元キューブとか。

完全にアベンジャーズ観たことある人にしかわからんモチーフ(笑)
のイメージが、ガンガンに勝手に入っていきましたw


もともとの、メインの菱形のスペクトロライトの光沢が、ネビュラというキャラクターの雰囲気にすごく似てるなー。

思ったことが始まりでしたが。

ワイヤーを巻いていくと、左サイドに出来上がった羽も。宇宙船ぽいというか。
サノスのチタウリ軍の宇宙船から出てくる、ビラビラ飛んでる変な兵器みたいにも見えてました。←(ヒーロー側じゃないっていうね)

盛り込んだ石も
潔く、宇宙や銀河を思わせるイメージの
ラピスラズリだけ。

銀河を駆け巡るような世界観。

そこでは、
地球の常識なんて通用しない。

この作品の目線は、
いつも宇宙や銀河系にこそあって。

地球はその中の
ちっぽけな小さな星に過ぎない。


この作品は、それくらい。
スケールが違うというか。
立ち位置がそもそも、違ってて。
非常にクール。

そもそも、見ている世界や、チャンネルそのものが違うような気がします。

作品名も、Guardian of galaxyと名付けてますけど。
これは、制作中にずーーーっとこの名前が浮かんでたから名づけたけど。

私は、マーベル作品でのガーディアンズオブギャラクシーてのまだ観てないんで。笑
どちらかといえば

銀河の守護者

というテーマとして、この言葉が浮かんだのかなとも思いました。

この作品のモチーフとしては、どうしてもア〇ンジャーズのイメージや
世界観がめっちゃ強いものの。

それだけじゃなく。

敵か、味方か。
善か、悪か。

って所が、めちゃくちゃグレーっていうか。笑
はっきりしてないし、ボーダーラインが無いみたいに。
わかりにくい。

そもそも、そういう善悪の概念が無いとか。
地球的な、常識では測れない要素。てのを象徴してるんかなと思いました。

それは時に、冷酷に見えるのかもしれないし。
恩恵な部分もあるかもしれない。

ワイヤーの流れも、非常に複雑で。
ラピスラズリを4石だけ盛り込んで、その後に細い丸線を束にして、うねるように土台に巻きついていきます。

意識を飛ばしてくように。
うねりを利用して、星々をジャンプしながら、銀河を渡ってくみたい。


銀河を守護する存在に。

想いを馳せるには、遠すぎる?

いやいや。でもさ。
君が思ってるよりも
案外、ずっと近いのかもしれないよね。

だって君も
宇宙や、銀河の一部じゃないか。

と、言われてハッとする。みたいに。

自分や地球と、宇宙は別物。
みたいな感覚、ありません?笑

私は、めちゃめちゃある。笑

自分の周りの景色や、住んでる土地。
それがあまりに見慣れて、馴染み過ぎていて。

宇宙や銀河なんて。
遥か彼方の、漫画や映画の世界だし。
自分が行けるわけもない、知識でしかないから。

だからどんどんと、身近な周りだけをフォーカスしてけば
世界も狭く感じてしまうけど。

この守護者の目線から、地球は一体
どう見えているんだろう。
私って、どういう風に見えるんだろう。

そう思うだけで、ていきなり、ぐん!と目線が思いっきり、
高くなっちゃいそうだよね。笑


このペンダントは、そういう想いを馳せるものなのかなって思うんです。

ちょっと特殊なコンタクト。
アクセスする手段。

直接、宇宙に行くのは難しいからこその、
ロマンを感じられるモチーフ。

とても厳しい側面や。冷たい印象もあるし。
常識と違う感覚に、
戸惑うのかもしれないけれど。

その中にある恩恵や、宇宙や銀河の神秘や。
全く別の価値観に触れる事で

思いもよらぬ
輝く世界が開けるのかもしれない。

その導き手のような、ペンダント。

宇宙的な(?)イメージが、とにかくとっても強くて個性的なので。
これは万人受けする作品じゃないよなとは思うんだけど。

好奇心や、冒険心は、ウズウズしてくるというか。(笑)
宇宙や銀河の世界観が好きな人にも良いんじゃないでしょうか。

遠いところに”居る”のかと思いきや。
案外、君の近くで
悠然と佇んでいるのかもね。


Guardian of galaxy


君も、銀河に
コンタクトしてみる?



▼虹色の花さんのブログはこちら▼
イベントコラボ作品☆スペクトロライト☆【Guardian of galaxy】Pendant Top











【茉*莉*花】オーダー作品



Order No.01
Pendant Top【 Archangel Raphael 】






▼虹色の花さんのブログ<制作秘話>はこちら▼
茉*莉*花コラボオーダー作品【Archangel Rapahel】☆ロジャリー産フローライト☆Pendant Top







Order No.02
Pendant Top【 Archangel Gabriel 】






▼虹色の花さんのブログ<制作秘話>はこちら▼
茉*莉*花コラボオーダー【Archangel Gabriel】☆ハニーカルサイト☆Pendant Top









ご注文

インターネットから24時間お買い物いただけます。
商品ページにある『CARTに入れる』をクリックして商品をカートに入れます。
レジへ進んでいただき、お客様情報等を入力して進んだ後「完了」ボタンを押してお買い物完了です。
(※クレジット決済とコンビニ決済を選択時は、ご注文完了画面から決済画面に進んでください)

入金等の確認後に商品を発送いたします。

決済方法

ご利用いただける決済 ≪決済の詳細はこちらです≫


クレジットカード 『 VISA 』『 MASTER 』の2種類がご利用いただけます。
コンビニ決済 ご注文操作後、払込票番号を受け取りコンビニから前払いでお支払いいただける決済です。
郵便振替 前払いとなっております。
銀行振込 前払いです。振込先は、ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行がございます。

配送について

選択いただける配送方法 ≪配送の詳細はこちらです≫

ゆうパック [北海道・沖縄県/1200円][東北・中国・四国/840円][九州/940円][他/760円]
レターパックプラス 全国一律520円
クリックポスト 全国一律200円 (厚さ3cm以内)
定形外郵便200円<規格外> 全国一律200円 (重さ50g以内)
定形外郵便120円 全国一律120円 (厚さ3cm以内 重さ50g以内)

OTHERS

メールについて:注文確定メール、お問い合わせの返信は24時間以内(営業日に限ります)に送信するように心がけておりますが、3日経ってもメールが無い場合は、お問い合わせフォームからご連絡ください。また、 当店からのメールが受信できるよう設定をお願いします。ご利用のメールサーバーにより、迷惑メールに振り分けられている場合がありますのでご確認ください。

定休日について:基本的に土曜日・日曜日・祝日の発送をお休みさせていただきます。土曜日の発送は対応できる日がありますので、お急ぎの時はご連絡ください。
また、臨時休業もございますので、当店カレンダーをご確認ください。その他に休暇をいただく時はトップページの更新でお知らせします。

返品交換についてはこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらからお願いします。